インターネットランド/©TWO-WAY/授業・教科/国語/4年生/

【同時進行の向山型国語4年(教育出版)】 2005年8月19日(金)

「学級で話し合おう」 田上先生なら…

TOSSシグナス札幌向山型国語研究会  田上大輔

 
  1.  読み先習フラッシュカードの後,昨日学習した漢字を空書きさせる。
     漢字の苦手なT君が書けていた。昨日に続き,好感触。
     漢字スキルは右ページ3つ。スムーズに進む。
     
  2.  「学級で話し合おう」は,まずは何度か音読させる。
     追い読み,交替読みなどである。
     
  3.  そして,
    「この話し合いに点数をつけるとしたら何点ですか?」
    ときいた。
     80点前後と答える子が多い。
     
  4. 「この話し合いのいいところ,悪いところをノートに箇条書きにしなさい。」
    と指示した。
    (子どもから出た意見は省略する。)
     
  5.  最後に,
    「田上先生がこのクラスの担任なら,この結果を認めると思いますか,認めないと思いますか。」
    と聞いた。
     私の性格を考えて「認めない。」と答えた子が多い。
    「そうです。何かがないので,田上先生はこの話し合いを認めません。何がないのですか?」
     答えは「企画書」である。
     企画書のない係りからの提案は通らない。
     田上学級のルールである。
      

 同時進行の向山型国語4年(教育出版)TOPページへ

兄弟サイト 「算数実践日記(教出4年)」(赤塚邦彦氏作成)へ

Copyrightsc2000 TOSS(Teacher's Organization of Skill Sharing)All rights reserved
 TOSS(登録商標第4324345号)、インターネットランド(登録商標4468327号)
 このサイト及びすべての登録コンテンツは著作権フリーではありません。
 リンクについてもお問い合せください。
inserted by FC2 system